シンプルに生きたいだけなのに

家計も体型も膨らむばかり…いらないものをそぎ落として、シンプルに生きたいだけなんです。

親の収入と子どもの学力は比例する?年収200万円台の私の子どもは…

親の年収と子どもの学力には、因果関係があると証明されたデータがあるそうです。

小学6年生と中学3年生を対象にテストをして、親の年収と学力との間の関係性を調査したところ、親の年収が高いほど子どもの学力が高いという結果になったとか。

*収入が低くても、子どもの学力が高い家庭はあるの?

もっとも学力が低かったのは、年収200万円未満のグループ。

教育に使える金額の多さが、やっぱり関係するんでしょうね。

でも、収入が低いグループでも、毎日の朝食起床・就寝時間テレビを見る時間に注意を払う家庭の子どもは、学力が高い傾向があったとか。

収入と同じくらい、生活環境も大事ってことでしょうか?

ちなみに私は、朝食を作ったことがありません。

私も子どもも、朝ご飯は食べないことがほとんどです。

中学までは、23時には寝るよう注意はしてましたが、おもしろい映画が放送されてると一緒に観てしまい、23時を過ぎることもありました。

テレビ番組に気を使うこともなく、ドラマやバラエティ、クイズ番組など一緒に何時間も見てました。

子どもの学力が高くなる要素がこれっぽっちもありません( ̄▽ ̄;)

*高校受験のときの学習環境

収入が少ないので、中学1年のときから有名な進学塾に通わせるのは無理でした。

高いんですよね…進学塾って。

月謝が4、5万円くらい、さらに模試や夏期・冬期講習や合宿などで何十万円って飛んでいきます。

でも、中学3年の1年だけは進学塾へ通わせました。

そして、後は塾へ丸投げ。

教えて!と言われても、答えられませんから…(^_^;)

最初は、周りのレベルの高さにびっくりしたと言ってました。

そこからは、子どものやる気と塾の先生の情熱を信じるのみです。

唯一、私がやったことは、塾であったことなどの話を聞いたり、食べたいと言うものを用意したくらいかな。

幸いにも、難しいからヤダ!と投げ出すこともなく、周りの友だちと教えあったり、点数を見せ合って競争したりして、なんとかついて行こうとがんばってたようです。

*子どもの学力と親の年収の因果関係に一石

1年間だけ進学塾へ通い、私の息子は大学附属の私立高校に合格しました。

進学塾の広告で、○人合格!と掲載される学校の1つです。

中学での成績は、トップクラスではなかったのに。

本当は都立に行って欲しかったんですが、すごく喜んでいる子どもを見て腹をくくりました

今、大学に進んだ子どもの様子を見てると、結果的に附属の私立高校に行って本当に良かったと思います。

確かに授業料は高かったですが、都立高校だったら大学受験のために塾へ通わないといけないし、そうしたら結局、総支出金額は変わらない気がするし。

何校も大学受験をすることを考えたら、金銭的にはむしろ安く済んでいるのでは?

なにより受験なしで立派な大学に進学できるって、精神的にこんなに楽で安心なことはありません。

年収200万円台でも、塾に行かせられなくても、子どもは偏差値70以上の高校に入学し、一応名の知れた大学に通ってます。

親の年収に学力は比例する!というデータに、異論反論オブジェクションです!

単に、1年だけお世話になった塾が良かったってだけかもしれませんが…(^_^;)

 

*年収200万円台でも、偏差値70以上の高校に受かった理由?

年収は低くても、受験勉強は塾に丸投げでも、1つだけこだわっていた教育方針があります。

もしかしたら、それが良かったのかもしれません。

その教育方針とは…

小さいころ、子どもが興味を示したことは、出来る限り、可能な限り、すぐに経験させてました。

電車に興味を持てば、絵本と同じ電車を実際に見せ、そして乗りました。

恐竜に興味を示せば、実物大の展示がある博物館へ連れて行きました。

飛行機を夢中で見ていたら、空港の展望台に行き大迫力の轟音を聞きました。

時代劇を見て目を輝かせていたら、日光江戸村へ行き忍者に変身させました。

お花がきれい♪って言えばマザー牧場へ、海がきれい♪って言えば、すぐに江ノ電に乗って海へ出かけました。

今度行こうね、じゃダメだと思ったので。

子どもの興味や関心はコロコロ変わるから、”今”興味があるものを体験させないと効果半減だと思ったんです。

すごくお金がかかることは無理ですが、子どもの興味を満足させるのは、あまりお金のかからないことのほうが多かったですし(^_^;)

 

興味を持ったことをすぐに実体験するって、人格形成にもいい影響があるんじゃないかな?って思います。

素人考えですが、親子の信頼関係も築ける気がするし。

お腹がすいてるとイライラするけど、いっぱい食べて満腹になれば落ち着きます。

きっと心も同じで、いつも好奇心が満たされていると気持ちが安定して、おおらかな性格になるんじゃないかな…

あ、そのとき大事なのは、子どもが飽きるまで付き合うこと。

子どもの関心事に付き合うと大人はすぐに飽きちゃうので、もういいでしょ?と手を引っ張って帰りたくなります。

でも、それじゃまだ子どもの心は満腹になってません。

子どものほうから、もう帰る~って言うまでトコトン付き合ってあげるのがポイント。

って言いながら、それはなかなか出来ませんでしたが( ̄▽ ̄;)

親の年収で、子どもの学力が決まってなるものか!

子どもの力は未知数ですからね。

笑顔になれる子育て

大学生以上の子どもを持つ主婦のつぶやき。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

いいね!とクリックしていただけたら嬉しいです♪